RSS | ATOM | SEARCH
我が町が我孫子市民に占拠された???
体調が戻り、2週間ぶりの運動へ。
いつものコースに2日連続熊出没したというニュースがあり
主会場を果樹園コースから一周1.2kの運動公園に変更した。

いつもなら地元の中高校生やおじいちゃん・おばあちゃん達の
運動で賑わっているが、何か変 ジジババがいない。

いつもなら音楽を聴きながら走っている若い衆も、
今日はイヤフォンをしていないし、一番は匂いである。
すれ違うとき匂うコロンの香りがしない。

 運動するとき コロンなんて使うな!

といつも思っていた事が感じないのである。
人数も普段より数段多く、小柄な子が多い。
なんか変 なにか普段と違う事が起きている!



駐車場を見ると大型バスがあった 千葉ナンバー
そしてフロントガラスには「我孫子高等学校」と。

え〜〜〜〜〜 我孫子の生徒なの????
なんでこんなところに????

ドライバーらしき人に聞くと
昨日一昨日と蔵王・坊平高原で合宿してきて
今日はご褒美で赤湯温泉に泊まる予定との事。

なるほど・なるほど だから見かけない生徒がいて
陸上部だからチャラチャラ音楽聴きながら
コロンぶっかけながら走ったりしていないのかと
ようやく認識した。

練習が終わったらしく生徒に聞くと
朝坊平で16km走ってきて、このコースで1時間の走り
お風呂が楽しみだという。
それに上山温泉でなく、このコースで最終の練習をして
赤湯温泉に泊まるこの二つの町で過ごす案 結構いけますね。

ラクビーの合宿といえば菅平というように
坊平高原もアスリートのメッカとして知られるようになり
上山だけではなく、近隣市町村まで巻き込む事で
一つの地区だけでは物足りないが
枠を広げる事でより魅力が拡大するという事もあるだろう。
そんな取り組みをやってほしいものだ。

来年も来てね〜〜〜


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 22:28
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
第一次五ヶ年計画の完成
  北京の55日 忘れた〜〜〜
  何かいいことないか子猫ちゃんも落とした!
  シェナンドー川 音大きすぎる!

反省すべき点は多々あるが、第一次五カ年計画は、
1955年から1975年までの21年間の
アメリカンPOPSをビルボードHOT100を中心に
700曲の曲紹介や当時の出来事や人気の海外TV番組も
取り上げたDVD集を完成させる事

計画から遅れる事10年
最初から作り直し3回結果通算15年かかってしまった。
最後の2年はほとんど洋盤から離れていたので苦労したが
40時間700曲を25枚のアルバムにまとめた。



全く満足いくものではなかったが、一応の完成だが
第二次五ヶ年計画の中でも修正作業が続く。

第二次五ヶ年計画としては
個々のベストアルバム集やオリジナルとカバー集
ジャンル別ベストアルバム集や
日本のカレッジ・フォーク ニューミュージック集など
まだまだ手が抜けない。

  とりあえずおめでとう!

Cliff Richard - Congratulations




author:藤野 樹海, category:アメリカンPOPSの歴史, 15:49
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
花よりダンゴのオヤジでも
山形・川西町のダイア園に行く。
地元ではあるが、花よりダンゴのオヤジにとって
縁遠い場所であり、園内に入った事がなかった。

  花をちらっと見たらソフトクリームでも
  食べりゃいいか〜〜〜

なんて思っていたら、ちょっと違っていた。
まだまだシーズンには早いが、日本最大級というほど
いろいろなダリアがあった。

大きい・小さい 派手・地味 そして名前が面白い。
花の名と花模様を見ながら、
うまく名前を付けたものだと感心する。

園内にはその花の名前からとった
ストーリーのあるコーナーもあった。

  めぐり逢い→愛の芽生え→大恋愛→ウェディングマーチ
  →夜の訪問者→セカンドラブ→浮気な雨→真実

よくもこんな花壇を作ったものだ 脱帽!
そして意外にも若い女性が多い。

ただ園内に流れるオルゴールBGMがものたりない。
単調でトーンが同じ  自分なら何を流そうか?
と考えるのも園地の楽しみにもなる。

8月のまだまだ花の少ない暑い日は
夏の空の雲が流れるようなフランク・プールセル
9月は秋晴れの爽やかさをコンチネンタルダンゴ
10月には深まる秋の寂しさをシャンソン

そんなテーマで曲を編集したら、より雰囲気が出るだろう
なんて思いながら、ソフトクリームを食べるもの
ダンゴオヤジには向く場所とも思えた。



川西町のダリア園は
花など興味にないオヤジでも楽しめまっせ!


Check
author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 11:09
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP