RSS | ATOM | SEARCH
熊の居ぬ間に
いつもの運動コースに熊が2日連続して出没したという事で
この1か月は運度公園内のコースを
檻に入った熊のようにグルグル回っていた。

これもありのコースだが、平坦で植栽の樹木は面白くない。
山ではドングリや栗・胡桃など木の実も実り始め
熊も里まで下りて来なくても腹を満たせるだろうと
勝手な根拠付けで、コースを復活してみた。

一か月も離れていると周りの風景は様変わり
田んぼの稲は黄色く色づき
道路の路肩にはススキが生い茂っていた。


(この付近に出ていたと思われる)

ぶどう園ではほとんど収穫が終わっており
ラ・フランスや柿はまだまだ青いが
りんごは、品種によってもう赤くなっていた。

今年は作柄はさくらんぼ同様に良くないらしい。
りんごの花は中心花のまわりに4〜5つ花が咲き
中心花を残して側花を摘花してしまう。



今年は天気が不安定で早めに摘花したところでは
中心花が霜にやられてしまったという。


それでも千秋が顔を赤らめながら
「もうそろそろお嫁に行くわよ!」と言っていた。

秋も急速に深まっている中 同級生と一緒に作った紙芝居のDVDが 全国自作視聴覚教材コンクールで入選したお祝いをする。 山形大会のものと違って全国に出すには
ちょっと工夫が必要という事で、英訳を入れた。
(英文を英語補助教員のブライアンに
 チェックしていただいたら8割は修正されたが)

そのおかげもあって入選と相成った。

次回は最優賞を狙ってみようかと思案中




author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 23:01
comments(2), trackbacks(0),↑PAGE TOP
88 上海焼きそばに外れなし 米沢・台湾料理の焼きそば
今回紹介するお店は本物の台湾の方が営業おり
日本語が通じない人が多いが、味はオススメの店。
特にランチセットは880円で皿数も多く、
女性は持て余すかもしれない。

ここの上海焼きそばの680円
コストパフォーマンスが高く
調理中のフライパンを返しながら炒める甲高い音は
いかにも強力バーナーで短時間で炒めましたというように
シャキシャキとした野菜と薄味に味付けした麺との
相性の良さが光る焼きそばである。



上海焼きそばは中国醤油で味付けしたもので、
薄味だけにソース焼きそば以上に店の技術が問われるが、
今までの経験から見て外れは少ない。
(味の差が出やすいだけに腕に自信のない店は出さないのかも??)

ここの上海焼きそばも合格点以上の味であり
680円という価格と見た目以上に満腹感もあり
今回の88回目の会報に掲載となった。

ただ添付されているスープは味がなくXであった。

揚佳苑 (ヨウカエン)  山形県米沢市中央1-12-2
            0238-21-0122


author:藤野 樹海, category:全国焼きそば友の会便り, 15:09
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
宮城の天下一品の漬物ながら・・・
きゅうり・わらび・みず・たけのこ・しめじ
にんじん・しょうが・唐辛子など刻んだ醤油漬け

山形の漬物で言えば、
櫛引農工連のしなべきゅうりとマルハチやたら漬けを
ミックスしたような漬物で
シャキシャキとした食感と素材の味が生きた薄味のため
ご飯の友としてもお茶受けにも最高な漬物

横川漬物加工グループ製造の
七ヶ宿町特産「おばちゃん漬け」・山菜ミックス漬け




ごくありふれた見た目と中身 ここが大事

味が想像できるだけに手が伸びやすい
しかし味が違う 化学調味料を使っていないためか
薄味ながら素材の良さが生きており
その食感とともに箸がのびてしまい
再度購入したくなるリピート性を伴う。

しかしながら販路は限定されるため
リピート性に乏しく残念な結果となる。

だから国道113号線を山越えして宮城に入る時は
必ずこれをまとめ買いする。

かつてこの商品を販売しようとして
問屋ルートを使い仕入れしようとしたが
残念ながら49コードのJANコードがなく、
今の市場流通には適さない形態である。

これだけの味を実現できる技術があるのなら
売り上げの拡大と地元にお金が落ちると思うのだが
売るために出来る事は最大に広げる。
それが出来ていないは、味が最高なだけに残念である。

JANコード申請には費用が発生するため
行政や商工会が地域の小さな業者のために申請すれば
小規模グループでも安価にコードが使用でき
販路の拡大も期待できると思うのだが・・・

販売所 道の駅・七ヶ宿
宮城県刈田郡七ヶ宿町字上野8−1

この売り場でも商品に対する想いが感じられない。
商品を売るためには第一にその商品への想いが
消費者に伝わる事であり、陳列=販売場ではない。
商品に対する愛情が一番の決め手。
まだまだPOPも愛情も足りない!


Check
author:藤野 樹海, category:J君の音楽夜話, 16:15
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP