RSS | ATOM | SEARCH
95 復活!町中華
このところ立て続けに行きつけの町中華の店が
4店舗閉店してしまい困っていた。

出川哲朗と中居君が蔵王温泉から米沢まで
電動バイクで旅するTV番組
「充電させてくれませんか?」が放送された。
途中 上山温泉で町の人に聞いた食事処が
その閉店したお店2店舗ではないか。

両方ともに開店前で番組では食べる事は
出来なかったが、確かに営業していた!!!
これは行かなくてはならない。

そのお店は、友の会便りNO-11で紹介している
上山の新華楼である。
40年も通っていたお店で昨年閉店していた。
奥さん 元気なったのか 良かった・良かった

早速行ってみると、営業していた
駐車場は満車 みんな待ちに待っていたのだろう。

ん〜〜〜〜 看板の色が変わっている。
店内はと言えば、テーブルの配置は同じだが
店内掲示のメニューがケバケバしく変わっている。

メニュー表を見ると、
今まで無かった上海焼きそばがあるではないか!
値段も以前より全般的に安いし

注文を取りに来た女性の言葉もたどたどしい。

こりゃ〜〜 経営者が変わったな。

以前ならこの店は五目かた焼きそばだが
当然の事ながら上海やきそばを注文



味は標準的な上海焼きそば
残念なのは大好きなキクラゲが使用されていない事
でも680円という価格からみても合格点

聞くと山形市七日町でお店をやっていた中国の方が
前経営者から店名を引き継ぎ、この5月に開店させたとの事

次は、復活したもう一方の町中華のお店に
(以前の新華楼で働いていた方オープンしたらしい)
行ってみよう。

この町の中華屋には来ないと思っていたが
出川哲朗のおかげで、また来る事になった。

中華料理 新華楼
山形県上山市二日町8-12
023-609-9537



author:藤野 樹海, category:全国焼きそば友の会便り, 23:14
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
夏はこれに限る!
お盆も近づき暑い夏ももうすぐお別れとなるだろうと
期待しながら過ごす毎日。

ご当地では昔からこんな風に過ごしていたものです。
方言を使ったカルタ物語で。

きゅうりやナス・スイカを作っている方々から
一斉に出回り自分の家では消化しきれなくなり
おすそわけがいっぱいきます。



すけでけろ=助けてちょうだい



えだぱんこ=板ぱんこ=木くず



鉄管ビール=水道水


author:藤野 樹海, category:宮内弁かるた, 10:09
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
94 辛〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!
このお店を取り上げていなかったとは
思いもしなかった。
米沢市の中で一番通う中華料理店なのであるから。

とにかくメニューが多く何を食べようか迷ってしまう。
数えた事ないが200はあるだろう。
結局は焼きそばになるが、
その中で気が付かなかったが
「ピリ辛かた焼きそば」があった。
どうして今まで気が付かなかったのだろう???
というのも焼きそばだけでも10アイテムもある。




辛いものが苦手なので視線がスルーしていたのだろうか。
まあ 夏ということもあり、今回はピリ辛で。



どういうわけか置賜には辛いやきそばを
メーンにしている店が、他に二店舗あり、
友の会では、4店舗目。
結果 当たり前だが辛〜〜〜〜〜〜〜い

焼きそばを食べ終わるまで、
こんな時間がかかった事はないと思う。

苦手だから仕方ないが一口食べては水を飲む。
お口直しに海鮮五目焼きそばも食べてしまった。
でもまずかったという意味ではなく
辛かったためである。

山香菜房 米沢店
山形県米沢市徳町4-48-1
0238-40-1977


author:藤野 樹海, category:全国焼きそば友の会便り, 07:53
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP