RSS | ATOM | SEARCH
メルカリで売れるもの無いか〜〜〜
メルカリに出品するものは無いかと、
部屋の中をかき回していたら、
懐かしいものが出てきた。

機動戦士ガンダム ムービーカメラ


  200万画素級の静止画、動画デジカメ
ガンダムファンでも無いのに買ったわけは、
動画が撮れるという事で2万位で買った。

最初に買ったカシオの名機・QV-10A


小型でレンズ部分を回せるので
競合店調査での隠し撮りでだいぶ利用した。
これは39800だったような・・・

ただ25万画素数でメモリーカードもなく、
撮影できる枚数に限りがあり、
SDカードがあって画素数が200万以上で
レンズ部分が回るカシオQV−2900を購入。



32倍の高倍率は当時珍しかったし、大きさの割に軽く
機動性に富んでいて非常に重宝した今でも一番好きなカメラ

それにしても最初のカシオQV-10Aを
ハード・オフで売っぱらった事は今思うと誠に残念。

人から見れば価値の無いものでも
その人にとっては自分史の一時を飾るもの
機動戦士ガンダム ムービーカメラ  売らないぞ!
逆のQV-10A 買い戻すぞ!


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 23:05
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
時が経つにつれて・・・
学生時代 代表曲と言われた”My Funny Valentine ”を聞き
なんでトランペッターが歌を歌うのや?
しかも女みたいな声で???

それ以来 一回も聞く事のなかったチェット・ベイカー
テープにダビングした2枚組のアルバムだけは手元にある。

読まれる事なく本棚を汚し続けた30年
寺島 靖国著の”辛口JAZZノート”

いわゆる解説書とは違い
ジャズ喫茶のオヤジとしての
ジャズ感を書いたもの。
初めて紐解いてみた
このブログのタイトル”Topsy”の
元となったチコ・ハミルトンが
沢山取り上げられている。

チェット・ベイカーを
非常に評価していた。
あのチェット・ベイカー??



早速たった一本しか持っていないテープを探し出し
もともと嫌いなボーカル 嫌嫌 聞いてみた。

ん〜〜〜〜 いける!

力まず つぶやくように歌いペットを吹く
こういう雰囲気の場 我が環境ではほとんどなかった。

ん〜〜〜 大人になったな〜〜〜 おいらも

まさに時の経つにつれて(As time goes by)だ!

As time goes by - Chet Baker



author:藤野 樹海, category:J君の音楽夜話, 10:23
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
ゴリラの演奏が見たくて・・・
部屋の片付けをしていたら、
棚の陰に落ちていたCD発見
95年に10周年を迎えた
マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルの記念盤だ。

フェスのLive盤だと思って購入したものだが、
出演者達の過去のアルバムから選んだものであり
実際に足を運んだわけではないが
興奮度では物足りさなさがある。

ドン・プーレン=ジョージ・アダムス・カルテットの
「Song From The Old Country」は
前年に録音されたものアルバムより
ステージで繰り広げられた演奏の方がはるかに良い。


左:ジョージ・アダムス  右:ドン・プーレン

このコーナーで書くのも3回目だが
今回は87年から89年までの3年分の映像が
あったので、また書き込んでみた。
ぜひ同じ曲だが、3つ見てもらいたい。

白熱した夏の汗のほとばしる演奏の87年


88年は
前年に亡くなった
ドラマーのダニー・リッチモンドに捧げるとして
歌詞がつけられミッシェル・ヘンドリックスの唄入り。

特に 大好きなベースのCameron Brownは
ドン・プーレンやドン・プーレンに負けてたまるかと
よりゴリラ顔を強めながらの演奏。

89年は、この曲が同フェスティバルの
イメージソングになった。

ドン・プーレンの演奏を終えた時の笑顔が素敵だ。

しかしそんな演奏も、もう見る事が出来ない。
彼は95年に亡くなっている。
ジョージ・アダムスも92年に亡くなっているから。


author:藤野 樹海, category:J君の音楽夜話, 21:29
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP