RSS | ATOM | SEARCH
女房 変えちゃいました。
妻・松居・船越騒動じゃありませんが
我が家では一足先に女房 変えちゃいました。
新しい女性には近づいてはいけないと思いながらも
つい・・・
でもあちらのように古女房は文句も言いません。

でも料理の調理方法が違うのか味も違っています。
今までは甘めの味付け 今度は味がはっきりと出ている。
同じ材料を使いながら今までのプロの調理士とは違って
荒削りだが素材の味が引き出ている。

  あなたは、女房を取り替えられますか。
  いやわかっている。
  替えたい気持ちがあるのは十分知っている。
  でもムリなんだよねえ、これが。
  できる男は大したもんだと思う。(中略)

  女房を替えられないのだったらスピーカーを替えよう。
  オーディオマニアに生まれて良かったのではないか。
  古女房は無傷で置いて交換の気分を味わえるのである。
  マニアにとってスピーカーを交換する、というのは
  それくらい人生の重大時という事だ、
  と同時に筆舌に尽くし難い喜びを得られる。

  寺島 靖国著
  「一歩前進三歩後退 JAZZオーディオ魔境の旅」

こんな寺島氏のささやきも現実に。

PC用にと小型のスピーカーの音を聞いてみたくて
新潟の長谷弘工業というところに行ってみた。
小さな工房 社長と懇談してきた。

持って行った各ジャンルのCDで視聴し
大きさや価格も手頃でそれなりの音が出ていて、
購入する事に決めました。

最後に寺島さんも購入したUMU-191Mという
ジャズ専門のスピーカーを聞く。
もうダメです これを聞いちゃ!!!



全く別の音 オーディオマニアではないので
詳しくわからないが、鋭さがある。

こうなる事がわかっていたので
なるべく聞かないようにと心に決めていたのに。

受注生産のため 待つ事一ヶ月半
ついに我が家に嫁入り 
来た途端 40年以上苦労を共にした
古女房のJBLは片隅に追いやられてしまった。



寺島さんが好きなドラムのブラッシングと
ベースの音が秀でていて
若いじゃじゃ馬娘のような音。

音響的には一番問題のある木造の二階で
コーリアンボード(人工大理石)は敷いているが
さらに手を入れる必要があり、
まだまだエージングも必要だが、楽しい音だ。

author:藤野 樹海, category:J君の音楽夜話, 21:58
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
メルカリで売れるもの無いか〜〜〜
メルカリに出品するものは無いかと、
部屋の中をかき回していたら、
懐かしいものが出てきた。

機動戦士ガンダム ムービーカメラ


  200万画素級の静止画、動画デジカメ
ガンダムファンでも無いのに買ったわけは、
動画が撮れるという事で2万位で買った。

最初に買ったカシオの名機・QV-10A


小型でレンズ部分を回せるので
競合店調査での隠し撮りでだいぶ利用した。
これは39800だったような・・・

ただ25万画素数でメモリーカードもなく、
撮影できる枚数に限りがあり、
SDカードがあって画素数が200万以上で
レンズ部分が回るカシオQV−2900を購入。



32倍の高倍率は当時珍しかったし、大きさの割に軽く
機動性に富んでいて非常に重宝した今でも一番好きなカメラ

それにしても最初のカシオQV-10Aを
ハード・オフで売っぱらった事は今思うと誠に残念。

人から見れば価値の無いものでも
その人にとっては自分史の一時を飾るもの
機動戦士ガンダム ムービーカメラ  売らないぞ!
逆のQV-10A 買い戻すぞ!

PS 久しぶりに動画を撮ってみたが、使えたものではない!



author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 23:05
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
時が経つにつれて・・・
学生時代 代表曲と言われた”My Funny Valentine ”を聞き
なんでトランペッターが歌を歌うのや?
しかも女みたいな声で???

それ以来 一回も聞く事のなかったチェット・ベイカー
テープにダビングした2枚組のアルバムだけは手元にある。

読まれる事なく本棚を汚し続けた30年
寺島 靖国著の”辛口JAZZノート”

いわゆる解説書とは違い
ジャズ喫茶のオヤジとしての
ジャズ感を書いたもの。
初めて紐解いてみた
このブログのタイトル”Topsy”の
元となったチコ・ハミルトンが
沢山取り上げられている。

チェット・ベイカーを
非常に評価していた。
あのチェット・ベイカー??



早速たった一本しか持っていないテープを探し出し
もともと嫌いなボーカル 嫌嫌 聞いてみた。

ん〜〜〜〜 いける!

力まず つぶやくように歌いペットを吹く
こういう雰囲気の場 我が環境ではほとんどなかった。

ん〜〜〜 大人になったな〜〜〜 おいらも

まさに時の経つにつれて(As time goes by)だ!

As time goes by - Chet Baker



author:藤野 樹海, category:J君の音楽夜話, 10:23
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP