RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -,↑PAGE TOP
Everything Is Beautiful
知らない事がいっぱいの世界 だから楽しい。

前回 ペットボトルがいっぱいの畑の事を書いたが

中身はEM(Effective(有用)Microorganisms(微生物群))
有用な微生物を使った培養液を使って
土が生き生きし、農薬や化学肥料を使わなくても
作物が豊かに実るようにする農法だった。

さらには前々回 雑草がびっしりと生えたサクランボ園が
いつの間にか綺麗に刈られていた。

なんで今まで伸び放題にしていたのに
急にきれいにしたのかと思ったら
実が大きくなり、色を付けるため
アルミシートを敷いて太陽があたらない部分まで
反射させるためだという。
なるほど雑草があってはやりにくいわ。

そういえばまだまだ実の小さいリンゴ園は
クローバーや雑草が元気しています。



クローバーの花は長い間咲いている。
しかも根元に窒素を固定するという事で
土壌改良にも利用されるというから
まだまだ実が多くならまで時間があるから
ゆっくりと刈れば良いようだ。

路肩で風に揺れる雑草も寂しそうだが

強弁に生きている姿を見るのは楽しい。
(農業従事者には怒られるかもしれないが)

デラウエアのぶどうも大きくなってきた。
この青いのが、あの濃い茶色に変わるのだから。



「すべてが美しい」

50年前の今頃
全米でもEverything Is Beautifuと叫ばれていた。


1970年6月6日全米Top 1の「Everything Is Beautifu」

真面目に歌っているが、本来はこんな歌が多い。

Gitarzan

言ってみれば、アメリカ版植木等かな?


author:藤野 樹海, category:(有有)全日空商事(?)日記, 13:12
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
またまた世界不思議発見!君ものどが渇いたのか〜〜〜
同じ道でも毎日 変化が見られる。

農作物はどんどん大きくなり、
茶色だった田んぼも青さが増している。
前回見つけた不思議な塩ビパイプを、他でも発見。



前回はビニールの覆いに対する塩ビパイプだったが
今回はネットの中にパイプが敷いてあった。

ネットで野菜の苗がベタっと潰されるのを防ぎ
鳥に取られないようにしている気がするが
塩ビパイプの直径以上に成長した時には
ネットもパイプも外されるだろうと推定し
しばらく見守っとみよう。

それ以上に変わった光景


一苗ごとにペットボトルが準備されていたのだ。
昨年 この畑の隣の田んぼにも同じように
コーヒーのスクリュー缶がぶら下げてあったが
こんなに数は多くなかった。
肥料か農薬か はたまたコーヒーかは謎である

知らない農業の世界 不思議なことが多い。

さらにこんな光景をりんご園の中で

キジがいた こんなに町の近くで

空ではとんびがくるりと輪をかいてとはいかないが
ノスリがおいらの真上でホバリング。


夕焼けの日に 再度挑戦!


author:藤野 樹海, category:(有有)全日空商事(?)日記, 13:33
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
三つの言葉
旧盆の13日 三つの言葉が気になった。

1 血が騒ぐ

「藤野さん!血が騒ぐようですね」

確かに今日は充実感というより
血が湧き出る様な昂揚感があった。

40年近く流通業に携わり、2年前にリタイア。
しかし今日はお盆で年間でも一二を争う日、
リタイア組としても一宿一飯のお手伝い。
多くのお客様やガラガラになった売り場を見ると
もう止まらない 走り出してしまう。
そして取引先に言われた言葉が、この言葉。

残り少ない人生 名も無く貧しく美しく過ごし
今までやっていた事から脱却して
のんびりと思っていたが、
血が騒ぎ、さらに湧き出るような一日でした。


2 そぞろ歩き

旧盆の墓参り               
東京に住んでいた時は、迎え火を炊いていた。
それは先祖の霊を迎え入れるためにたくものであり
こちらではお墓に先祖を呼びに行くための
墓参りするのだろうなどと考えながら歩いていると
そぞろ歩きという言葉が、脳裏に浮かんできた。
急ぐでもない、かといって目的がないわけでもない。
車ではなく歩いていきたくなるのがお墓参り。
これぞそぞろ歩き そのものだ


3 ひとりよがり

今3つの限定した仲間だけの掲示板を管理しているが
どれも不活発 全くひとりよがりの掲示板だ。
世の中もネット社会もGive &Takeの世界
Read Onlyでは駄目と発信するも
くだらない発信のためかレスポンスも少ない。
そんな事は百も承知の助でやっているひとりよがりな事。

震災後初のお盆で被災地は、
更に悲しみを深くしているだろう。
お墓もない仏壇もない過去帳もないという
現状を見つめて。
時間とともに忘却へ進めば良いのだが、
逆にどんどん絶望へと進んでいるのではなかろうか?

5ヶ月経っての将来に対する展望が開けないのでは。
仕事がなければ生活がなりたたない。
この急激な円高に進み経済状態の中で
被災地での企業復活が依然として見えない。
経産省は何をやっているのか!

昔は「経済一流,政治三流,外交五流」と言われたが
今や「経済三流、政治・外交ランク外」だろう。

そんな事を考えながらで
一瞬だけでも忘れてくれれば良いという
ひとりよがりの7回目のボランティア決定。
メンバーを集めるのに苦戦した。
関心はかなり薄くなっている。

身の丈に合った事しか出来ないが
世の中 義理と人情の世界。


初めて知ったGyaO!の昭和TV
サントリーもやるもんだ。
これがタダで見る事が出来るのだから(下をクリック)

今東光原作 勝新太郎主演「悪名一番」

中尊寺貫主になり国宝金色堂を修理した今東光は
被災地での世界遺産登録と
今の風潮をどう見ているのだろう?




author:藤野 樹海, category:(有有)全日空商事(?)日記, 10:57
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
(有有)全日空商事(?)日記 がんばれ!甲子園めざして! 帰らざる日のために
姉よりこんなメールが入った

  「雪谷また甲子園行くかねぇ〓」

という事は、ひょっとして我が高校が
高校野球で好成績をあげているのか?


調べてみると

朝日新聞comより

  東東京大会で、都立の雪谷が
  甲子園に出場した03年以来の決勝進出を決めた。
  準々決勝までの4試合をすべて1人で投げている
  左腕・坂本が、この日も好投。
  大きなカーブとスライダーを駆使して
  成立学園から12三振を奪った。
  決勝の相手は、投打に層の厚い帝京。
 「出せる力はすべて出している。ぶつかっていくしかない」と
  坂本が言えば、
  相原監督も「勇気と情熱を持って、真正面からぶつかっていく」
  旋風の再現を誓った。


これはこれは!
03年 同じようにあれよあれよと勝ち進み
結局 東東京代表に選ばれてしまった。

二度とない事と山形から甲子園に応援に行ったけど
一回戦は PL学園 見事に散ってきました。
今年は政変の年 甲子園で暴れてくれ〜〜〜

という事で今日の一曲は 
明日の決勝戦 悔いなき戦いにむけて
TOPSY TIMES JUKEBOX 07/27「貴様と俺+帰らざる日のために」

「貴様と俺+帰らざる日のために」




結果

第91回全国高校野球選手権東東京大会の決勝が、
29日正午から神宮球場であり、第1シードの帝京が都雪谷を破り、
2年ぶり11回目の夏の甲子園出場を決めた。

残念ながら、6年前の再現はならなかった。
相手が帝京では、仕方ない。
みんな がんばったと思う 都立で決勝まで行ったのだから。
夢を見させてくれてありがとう!

池上線に乗って帰ろうぜ。


  古い電車のドアのそば
  二人は黙って立っていた
  話す言葉をさがしながら
  すきま風に震えて
  いくつ駅を過ぎたのか
  忘れてあなたに 聞いたのに
  じっと私を見つめながら
  ごめんねなんて言ったわ

  泣いては ダメだと 胸にきかせて
  白いハンカチを 握りしめたの

  池上線が走る町に
  あなたは 二度と来ないのね
  池上線に揺られながら
  今日も 帰る私なの

池上線 - 西島三重子



author:藤野 樹海, category:(有有)全日空商事(?)日記, 09:10
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
(有有)全日空商事(?)日記 山形旬紀行 紅花・兼続と最上の戦い・あじさい編
(有有)全日空商事(?)らしく、こんな旅行記を書きました。

前回の「君は、スイミング・スクールに行くべし!」の続編です。

山形の白鷹町は、日本一の紅花の産地。
山形の人も余り知らない。
山形で紅花と言えば、山形の高瀬地区や河北町谷地が
一番の産地と思っている人ばかり。
(かく言う私自身もそうであったが)

そんな白鷹の紅花畑と
ここを通過して、最上藩との戦いに行く直江兼続率いる上杉藩が
攻め入った畑谷城の攻防戦の跡を
探索してきました。

これを初挑戦で動画にして、YouTubeに掲載したものです。


山形旬紀行 紅花の里・畑谷城趾・あじさい参道




ブログを書くのは楽! 
画像を映像にしてBGMを入力し、動画に替えるのは大変!

無い頭脳と無い技術を、時間と何度も失敗しての初作品
おやじにとって肩の凝る遊びでした。

こんな事している時じゃないんだよな〜〜〜


いつも思っている事だけど
何でYouTubeに こんなのUpして何になるの???と。
何も儲からない 時間だけがどんどん過ぎて行く。
きっとYouTubeにUpしている人たちって、露出狂なんだろうか。

おいらも傍観者から、そっちへ仲間入りか〜〜〜〜





author:藤野 樹海, category:(有有)全日空商事(?)日記, 18:35
comments(4), trackbacks(0),↑PAGE TOP