RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -,↑PAGE TOP
28 駐車場も変わったヨークベニマル
久しぶりのスーパー紹介は、東北の雄・ヨークベニマル。
昔駅そばにあった小型店を閉めて、再開発の場所に移転しての開店。

最近の新店は、店舗デザインを一新し、照明や装飾も変わり
雰囲気がちょっと変わっている。
最近の店舗の売り場面積は、580坪前後というが
グローサリーのゴンドラ間が狭くなった点はいただけない。
定番ゴンドラで商品を探している人がいるところを
すれ違いのに、ちょっと気になる。
生鮮は相変わらず 鮮度といい品揃えといい問題なし。

特にこのお店で初めて見たのが、駐車場のライン引き。
駐車場の半分が、店舗と平行に停めるライン引きと
半分が直角に停めるライン引き。


セブン・イレブンの駐車場も他のコンビニとは違う
ライン引きになっているので、
セブン・ホールディングになってからの変化だろうが、
どういう理由なのか知りたいものです。
誰かその意味を知っていたら、教えて下さい。
自転車客や歩きの人が多いという。




店舗向かって左側が平行駐車 右側が垂直駐車

ヨークベニマルあすと長町店

〒983-0833
宮城県仙台市宮城野区東仙台四丁目14番6号
TEL:022-298-7710

author:藤野 樹海, category:店舗紹介, 13:44
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
27 自社農園を持つスーパーNISHIYAMA

野菜よりは肉 肉もロースやもも肉よりバラ肉
魚も まぐろやカニよりもイカや筋子
寿司よりもフライ 果物よりもお菓子と
身体に悪いものが好きなJ君は、1年程前 新聞を見て
あるスーパーに興味を持った。
それは京都府福知山市のスーパーが自社農園を持っているという記事。
いくら身体に悪いものが好きでも、少しは安全に対して関心はある。
そのうち関西に行った時でも、ちょっと回り道して行ってみようと
頭の中にインプットしておいた。

今回 連休をとっていざ関西にと思って
予定を立てたが、大誤算があった。
それは地図も見ていないで予定を組んだのだが
福知山は京都府という事で、京都市の北部にでもあり
大阪からならすぐだろうと思っていたのが間違い。
なんとなんと京都と鳥取との中間地点。
遠い!遠い!冷や汗もので、福知山のスーパーを見学してきた。



このお店はスーパーマーケットNISHIYAMAの荒河店といい
福知山のある2店舗のうちの大きい方のお店
こじゃれた外観で内装もクィーンズ伊勢丹系の凝った作り。
だからと言って長靴で入りにくいお店でもない。
当然の事ながら 品揃えも田舎(ごめん!)のスーパーにしては
こだわったものが多く、ちょっとアッパーなクラスのものも多い。
東日本と西日本の食文化の違いがあるので一概には言えないが、
見た事のないメーカーの商品も多数あった。

野菜・果物コーナーに関連して並んでいる関連品は
どういうわけか愛媛県のメーカーの品が多数並んでいた。
そんなものに気を取られ、肝心な自社農園商品の事を
すっかり見る事を忘れてしまったのは、大反省事項。

しかしそれ以上に最大限の興味が出たのは、売り場の最後にある
寿司・総菜の売り場。
ちょっと他では見かけないコーナーの 作りと品揃え。
さらに鮮度とそれを補うナショナルチェーンにも負けないな売り場
ひょっとしたら生鮮4部門で最大の売り上げが総菜か?
売り場面積の割にはレジも11台とかなりの売り上げを誇るお店。
本来の目的を忘れてしまうほどの見て良かった・楽しかったお店です。


 同社のホームページより
食品を主力に北京都・兵庫で店舗を展開するスーパーマーケット・NISHIYAMA(ニシヤマ)(京都府福知山市)は、
常に「安心」「安全」「おいしい」の提供を企業理念とし、
自社農園による自然農法の提案・提供など
「食と環境の調和」をテーマ
に運営を行っている。


購入品 油抜き不要で常温保存可能な油揚げ「松山あげ」178円



調べてみると明治時代からある愛媛県松山の名物で
軍隊の物資としても重宝がられ、南氷洋捕鯨、北洋鮭鱒船団、南極観測船『宗谷』のキッチンでも活躍しましたとの事
こんな商品 見た事もない 食べるのが楽しみ!

株式会社 程野商店 愛媛県松山市高岡町285-1 tel:089-971-3233 


スーパーマーケットNISHIYAMA 荒河店
  京都府福知山市荒河東町133  TEL.0773-23-8000

author:藤野 樹海, category:店舗紹介, 00:34
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
26 フォークリフトが店内を・・・
荷物を積み上げたフォークリフトが、
歩行者の通行待ちをしている。
そして歩行者がその前を横切ったら、
付近を注意しながら、動き始めた。

ここは、道路でも工場内でもありません。
お店の中です。



ここは 9月9日にオープンしたばかりのお店
エバグリーン宮街道店というスーパードラッグの酒売り場。
和歌山に行った際 偶然にも開店と遭遇しました。
お店の名前は、聞いた事があったが見るのは初めて。
営業開始は朝7時から深夜1時まで。

さらに車を走らせると

外装の色が違うお店を発見。
エバーグリーンといいながら ブルーの色???
よく見ると エバーグリーンの前にスーパーと書いてある。

「そうか 先ほどの店より大きいからスーパーか?」と
思って中に入ると、
なんと生鮮食品まであるではないか。
しかも魚の鮮度・刺身の盛りつけも立派!
姿ものの魚は、次から次とお客様が
窓越しで、調理をお願いしている。
こんなにもサービスが徹底しているのはSM以上。
スーパーエバーグリーンのスーパーは
大きさでのスーパーではなく、生鮮食品も扱っているので
スーパーと名乗っているのだろう。

そして更なる驚きは、11時前というのに
12台あるレジの11台が稼働中。
SMでも、午前中にこんなにレジが稼働しているお店を
それほど見た事もない。
エンドではディスカウンターにありがちな
ドーンとした陳列ではなく
上品な香りのスパークリングワインの
カフェ・ド・パリを演出しながら陳列していた。
酒の品揃えも半端じゃない。
精力剤の山積みも半端じゃない。

大胆さときめ細かさの両面を持つ
600坪はあろうというこの大型ドラッグストアは
我々に地域では見た事がない業態です。


上 エバグリーン宮街道店
〒640-8322 和歌山県和歌山市秋月227-2
073-473-0707

下 スーパーエバグリーン宮前店
〒641-0006 和歌山県和歌山市中島576-3
073-476-4300

author:藤野 樹海, category:店舗紹介, 02:45
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
25 エアーカーテンのとりせん城西の杜店

風 除 室   
  風・雨・雪・ほこりなどが直接入口から店内に
  入り込むのを防ぐことや、
  冷気を緩和し暖房効果を高める機能を持つ
  出入り口の空間。
エアーカーテン 
  文字通り空気のカーテン。
  冷暖房をしているへやでは、
  ドアをしっかり閉めていないと、
  冷暖房した空気が逃げしまう。
  それを防ぐために空気で遮れば、
  冷暖房効果が良くなる。
  スーパーなどでは、冷蔵・冷凍ケースは
  常に一程の温度を保つため
  冷気を循環させており、
  その冷気をケースの外側に流さないように
  エアーカーテンで遮っている。

どちらも外部の空気が入る事で、冷暖房効果を下げたり、
ほこりなど衛生上問題となる物質の侵入を阻むという意味で
同じような役割を持つ。
その外部との一番の接点は、出入口であり
その部分に風除室が設けられている。
さらに 店内の気圧を少し高めにすれば、
空気の流れは中から外になり
外部のほこりなどは店内に入りにくいが、
入り口のドアが開くたびに
店内の空気が外に流れてしまい冷暖房効果が薄くなる。
それでは風除室にエアカーテンを付ければ、二重構造で
冷暖房効果と衛生上の利点がダブルになると思われる。
では、廻りのお店の風除室はどうなっていますか???

そう言う意味で 今回取り上げる
とりせん城西の杜店の風除室には
エアーカーテンが取り付けてあった。
こういうお店は、ちょっと記憶にない。


最初は
  「さすが上州のからっ風!」
  「風が強いから風除室に、エアカーテンまであるわ!!」

   と思った。
しかしながら このお店の入り口にはこんな掲示物があった。


わざわざこんな掲示物を用意しているという事は、
この風の強いこの地においても珍しい事と推定される。
昨年オープンした新しいお店のようであり、
食品を扱うスーパーとして
その意味は高いと思い、このコーナーに取り上げてみた。
今度近所のお店はどうなっているか、見てみて下さい。

購入品 本格味噌漬新生姜 120g 298円 
    製造元 栃木県栃木市沼和田町23番5号 
    岩下食品(株)
    まろやかな味で、新生姜のためか苦味も薄く、
    ご飯がすすむ。

所在地 群馬県太田市城西町80ー1
TEL 0276ー33ー7727
      とりせん城西の杜店

     
author:藤野 樹海, category:店舗紹介, 00:03
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
24 日本で見るKマートのラインロビング

Kマートは、かつてアメリカ小売業のトップまで
のしあがったが、時代の変化に乗れなかったため、
2002年に倒産してしまった。
日本においても、菓子問屋の橘高が経営する

Kマートというコンビニチェーンがあった。
ここはセブンイレブンがコンビニトップになるまでは、
業界第1位であった。
そんなアメリカと日本でトップに座していた
同名お店は、どちらも倒産した。

先日 群馬県に言った際 
偶然Kマートというスーパーを見かけた。
2002年倒産後 再建したアメリカのKマートが、
日本に上陸したというニュースは聞いた事もなく、
地元スーパーと思われ、急いで車を止め、訪問してみる。
小さなローカルスーパーのようで雑然としていたが、
一つ他のスーパーでは見た事もない売り場を発見した。

小売業の売上を上げる手段の一つに
ラインロビングという方法がある。
ラインロビングとは、
特定のカテゴリに絞った商品構成に特化することで、
他店との差別化を図ること。
あるカテゴリの商品に特化することで専門性を強め、
そのカテゴリではどこにも負けない商品をそろえる事。
その手法に従ってか、
このお店ではこんなラインロビング策を取っていた。


花である。
しかも最近よくスーパーで見かかる生切り花ではなく 
庭にガーデニングで植えるものや
部屋に飾る鉢物などでいっぱい。
そのスペースは、この画像で見える範囲の3倍ほど。
まるでホームセンターの店頭のような広さ。
これほどのスペースを使って
花を売っているスーパーを見た事がない。

しかも値段が安い 胡蝶蘭でさえ500円からあった。
ガーデニングに全く興味もない自分でさえ、
欲しいと思うような品が沢山あった。
特に 冬から開放感と春の陽の光りのまぶしさに
冬眠からさめた動物のように
外へ出たくなるこの季節に 
最高にマッチしたこれこそ旬の商品。
しかも他のスーパーと比較にならないほどの品揃えと価格。
このラインロビング策は、ホームセンターよりも
客数・来店頻度の高いSMとして
武器になるのではないだろうか。
このあたりの研究も、スーパーの方々にとって必要なようだ。

がんばれ!日本のKマート。

(フジタコーポレーション)
Kマート群馬町店 群馬県高崎市金古町1293-1 
          TEL 027-372-5778

author:藤野 樹海, category:店舗紹介, 21:50
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP