RSS | ATOM | SEARCH
新しいものと古いもの 古い家には煙が合っている
この建物 どんなお店(?)と思いますか???



「どうして看板を出さないのですか?」
「お客さんが沢山来ると困るので」

新規のお店ではありません 創業140年
五代続くお店が、新しいお店に様変わりしました。



そう魚屋さんなんです。
でも対面ケースの奥は、こんな風に。



こだわりのお魚料理とお酒を提供するレストラン



まさに次世代の鮮魚店
これじゃ確かに鮮魚店なんて看板 出せないし
間違ってもジジイには考えられないお店だ。

そんな次世代とはかけ離れた古い家屋では
ワンプッシュとか液体といった新しいタイプより
蚊取り線香の煙が似合っている。



しかし間違って買ってしまった蚊取り線香
明らかに香りが違う!よくない!
やっぱり蚊取り線香は、キンチョウじゃなくてはならぬ!

そんな中で食べるものも古いメニュー
会津では今でも日常的だが、このあたりでも
昔はまんじゅうを天ぷらにしていました。



  古い奴だとお思いでしょうが、古い奴だからこそ
  古いやつにこだわるもんでございます

http://www.kincho.co.jp/cm/html/uzumaki_hiyamugi/index.html


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 21:34
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
花とじさま
  小さい花にくちづけをしたら
  小さい声で僕に言ったよ
  小父さん あなたは優しい人ね
  私を摘んで お家につれてって
  私はあなたのお部屋の中で
  一生懸命咲いて 慰めてあげるわ

まさにこの「花とおじさん」の歌詞のように
荒地にあった合歓の木を少し頂き
挿し木して8年 ようやく今朝初めて開花した。
開花まで10年かかると言われる合歓の木だが、
やはり長くかかった。



植物に全く興味はないのだが
細い糸を束ねたような花を咲かせる合歓の花
8年かかって咲いた花火のような花 可愛いものだ。
これぞ 花とじさまだ




author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 15:37
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
すごいぜ YouTube
  ダメだ〜〜〜〜 さっぱりわからん
  もうメルカリで売っ払おう!

1年ほど前 ある計画のもと購入したのが
Arduino(アルデュイーノ)という電子工作部品



PCで書いたプログラムを実行する基盤で
プログラムに応じた作動を起こしたり
センサーによって命令を実行したりするもの。

ソフト自体無料であり基盤も安いという事で
入門書と共に購入していたが、全くわからない。
入門書をあきらめて、ネットでその解説を読んでも
理解出来ない。

PCを使い慣れた知人もマスターする前に
機材・教則本ともにメルカリで売ったという。
自分も売っ払おうと思いながら、何気なく
YouTubeでお手本がないかと探し
色々な人のUPしている中に
とてもわかりやすく説明しているものが有った。

動画でわかるArduino

別にメーカーの人でなく無関係な人なのに無料で
とても親切にわかりやすく説明してくれている。
お金を払って買った入門書よりわかりやすい。

何よりも書籍と違ってわからない事があれば
聞くと答えてくれるという双方向性という
機能があるのがYouTube

これでは本が売れなくなるのも当然
すごい時代になったものだ。
だからと言って、当初の計画が完成するかと
いう事は別問題だが・・・


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 23:03
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
Wi-Fiなんていらん!
へ〜〜〜 スマホでデジカメ操作できるんだ!

デジカメを買い換えた。
Wi-Fiで画像をスマホに転送できるデジカメを
スマホで操作できるとは知らなかった。
早速 エサ場の雀を撮影してみた。


奴らは見られている事 知らないだろうな。

バチバチ撮れる
撮った画像もスマホ(i-podだが)の転送できる。
こりゃ便利!

と思ったのもつかの間 
別にこんな機能 無くても十分間に合う。

長時間デジカメの電源を入れておくと
本体の温度が上がるし、画像をi-podに入れてから
PCに転送させるなら直接コードで繋げば済む。
カメラ本来の撮るという機能が一番重要だ。

家人からは「雀用のデジカメ?」と言われるし、
カメラ本体の重量も重く、また落としそう。



一月浜頓別町スタートの今年の運動も、
600kmを超え ついにえりも岬近くまで達した。
今年度目標の北海道脱出も十分可能だろう。



このブログの書き換えも4ヶ月振り 
なのにアクセス数がそれなりにある事は不思議だ。






author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 23:38
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
流氷を見てきました
昨年は2月初めに開始した運動を
今年はようやく2/27スタートした。

1月 31日中20日 通算41.5時間
2月 28日中24日 通算36.5時間
合計で44日78時間 一日何度も汗をかきながら
雪かき・雪片付けをしたので体力は万全と挑んだ初日
たった1時間だったがバテバテ なんでやねん!
使っている筋肉が違うようだ。

今年の運動の目標は、北海道から脱出の苫小牧まで。
雪かき1時間を4kmと想定して
稚内の南のオホーツク海に面した浜頓別町スタート
途中 カーリングで有名な北見市常呂町付近で
流氷を見ながら(妄想です)
2か月で312km 根室海峡を挟んだ
国後島が見える標津(しべつ)町まで達した。



去年よりも早いスタートという事もあり
これなら今年は北海道 脱出出来そうだ。

そしてこの曲が、船山徹作曲とは知らなかった。
author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 22:33
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP