RSS | ATOM | SEARCH
熊の居ぬ間に
いつもの運動コースに熊が2日連続して出没したという事で
この1か月は運度公園内のコースを
檻に入った熊のようにグルグル回っていた。

これもありのコースだが、平坦で植栽の樹木は面白くない。
山ではドングリや栗・胡桃など木の実も実り始め
熊も里まで下りて来なくても腹を満たせるだろうと
勝手な根拠付けで、コースを復活してみた。

一か月も離れていると周りの風景は様変わり
田んぼの稲は黄色く色づき
道路の路肩にはススキが生い茂っていた。


(この付近に出ていたと思われる)

ぶどう園ではほとんど収穫が終わっており
ラ・フランスや柿はまだまだ青いが
りんごは、品種によってもう赤くなっていた。

今年は作柄はさくらんぼ同様に良くないらしい。
りんごの花は中心花のまわりに4〜5つ花が咲き
中心花を残して側花を摘花してしまう。



今年は天気が不安定で早めに摘花したところでは
中心花が霜にやられてしまったという。


それでも千秋が顔を赤らめながら
「もうそろそろお嫁に行くわよ!」と言っていた。

秋も急速に深まっている中 同級生と一緒に作った紙芝居のDVDが 全国自作視聴覚教材コンクールで入選したお祝いをする。 山形大会のものと違って全国に出すには
ちょっと工夫が必要という事で、英訳を入れた。
(英文を英語補助教員のブライアンに
 チェックしていただいたら8割は修正されたが)

そのおかげもあって入選と相成った。

次回は最優賞を狙ってみようかと思案中




author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 23:01
comments(2), trackbacks(0),↑PAGE TOP
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:01
-, -,↑PAGE TOP
Comment
だから入賞だったのでしょうね。
藤野, 2016/09/29 9:46 PM
紙芝居、拝見しました。

(語の内容説明文字が、下から上にスライドされて行くが、文字が白色なので、背景の色と重なり時々見ずらい時がある。
∪睫声圓素人っぽいので、もう少し練習が必要と思われる。
今ある鐘の前の鐘の話。(戦争で供出したのか?)
け儻譴諒拔にはなりました。

以上

abikojyuri, 2016/09/29 6:48 PM









Trackback
url: http://topsytimes.jugem.jp/trackback/1697