RSS | ATOM | SEARCH
来年には庭にいるだろう
何年か前 山形新幹線1往復での平均売上は
7〜8万円の中、1往復半で50万円の売上を達成した
カリスマ・アテンダントから、お客様への心配りを
学ぶため講演をお願いした事があった。

彼女のようなカリスマ・アテンダントが
廃線寸前の第三セクターのもりはら鉄道の社長になって
ダメ社員・ダメ会社を何とかしようとする小説が
真保 祐一著「ローカル線で行こう!」



本来なら、読んだ事のない作者でもあり、
普通であれば手にはしない本
たまたまその前に読んでいた本が、
高校生が汽車通学を題材にした
小路幸也の「キシャツー」という本だったため
読み始めたが、その作風は全く違っていた。

前読の本は、心理描写や風景描写の
言葉使いが素晴らしく余韻を楽しむ作品であるが、
今度のものはストーリーテラーで
これでもかこれでもかと事件が発生し
先へ先へ進みたくなる作品。

分厚い本で持って持って読むのも難儀だ
という事で読書スタンドを作った。
本当は寝ながら使うスタンドを作りたかったが
まずは椅子用に。

100均ショップで園芸用スタンドを3個
組み合わせて550円で完成!



これなら両手が自由に使え、いつでもタバコが吸える!
夜長な冬場 重宝しそうだ 難点は大きくて邪魔。 
結局は来春 庭の花の台に戻っているかも・・・


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 14:28
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:28
-, -,↑PAGE TOP
Comment









Trackback
url: http://topsytimes.jugem.jp/trackback/1699