RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -,↑PAGE TOP
あれ〜〜〜 雪印ではないや???
久しぶりに買い物へ行く。
お店の通路に牛乳が積んであった
しかも1LのLL牛乳 珍しい。



 「LL牛乳を積み上げるなんて珍しいな〜〜〜」
 「しかも森永 森永にLLの1リットルもの あったかな?」
 「覚えているのは雪印と大阿蘇の牛乳だけどな・・・」

それにしても今どき ロングライフ牛乳を販売するとは・・・
昔は年末年始 牛乳工場が休みとなり、年末大量に仕入れて
4日頃まで売り減らししたものだ。
量の読みが外れると新年から牛乳売り場が、
値下げ商品だらけになってしまう。

そんな事もあり、通常は扱いのない雪印のLL牛乳を
年末のみ扱いしていた。

しかし最近は、元旦営業が当たり前の他
製法の変化で賞味期限が伸び
LL牛乳そのものがあまり見なくなっている。

だからまさか今どき 1リッターものが陳列
それも山積みされていた事に驚いてしまった。

 「雪印でなく 森永でもロングライフ あるんだ!」
 「価格が158円って 安くない???」
 「税込158円で 税別127円って計算合わなくない?」

こんな事を商品を手に取りながら、つぶやいていたら
お客さんが周りに集まってきた。

 「牛乳 冷蔵ケースに入れなくて大丈夫なの???」
 「その赤い森永 見た事ないけど 牛乳なの???」
 「私は従業員ではありませんけど・・・」

そんな事を会話していたら、さらにお客さんが集まってきた。
だから 調子にのって従業員でもないのに

 「この牛乳 安いよ 158円!」
 「年末商品で冷蔵庫がいっぱいになってもこれは常温可!」
 「2か月持つから、いつでも飲めます!」



まるでそこの従業員のように、昔取った杵づか
売り込みをしていて、飛ぶように売れる。

 「ねえどっちなの? 158円?なの127円?」と聞かれた。
どっちかわからないので
 「ちょっと待って下さい 電卓持ってきます」

電卓を探そうと事務所に走っていたら、目が覚めた。

これって夢なんだ!

だよな〜〜〜 よそのお店で売り込みするなんて!

でも商品の特性を訴えながら、
売り込んで売れるという事 これが商売の本質。

こんな仕事を長い間続けられた事に感謝したい。


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 21:05
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:05
-, -,↑PAGE TOP
Comment









Trackback
url: http://topsytimes.jugem.jp/trackback/1700