RSS | ATOM | SEARCH
久しぶりのケーシー高峰
2000年 大阪で初めて知ったケーシー高峰のような姿
翌年 鹿児島の現地を確認し仕入れし
3月に東北で初めて販売して事がある。

その名は たんかん 

オレンジと寛皮甘橘(ぽんかん等)の中国で自然交配の柑橘
台湾から日本に入って来たたんかんは、
見た目は最悪 肌が悪くまるでケーシー高峰のようだ。



3年ぶりに奄美大島から購入した 相変わらず美味い!

何も知らなかったら、絶対に手を出さないその姿
しかし 皮が薄く手でむけるし、種も少なくジュシー
中の袋も薄く袋ごと食べられるし甘みも温州みかんより強い。



これを食べたら伊予柑とかデコポンとか食べられなくなる。
こんなに美味しい柑橘系 どうして売らないのかと思う。

確かに温州みかんが終わった年明け 柑橘系は種類が増える。
ただ並べておけば売れるというものではない。
よそでは売っていない 顔も悪い
だからこそ 売った時の面白みは一段と強くなる。
こんな商品にチャレンジしてほしいものだ。

ちなみに顔が悪い理由は、台風で実が揺れて葉っぱに触れ
傷が付いたものであり、中身とは関係ない
昨年は台風が多く、今回購入した産地の奄美大島でも
たくさん傷が付いただろうと思う。

今年のふるさと納税の返礼品 これの地にしよう!


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 14:53
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:53
-, -,↑PAGE TOP
Comment









Trackback
url: http://topsytimes.jugem.jp/trackback/1702