RSS | ATOM | SEARCH
Wi-Fiなんていらん!
へ〜〜〜 スマホでデジカメ操作できるんだ!

デジカメを買い換えた。
Wi-Fiで画像をスマホに転送できるデジカメを
スマホで操作できるとは知らなかった。
早速 エサ場の雀を撮影してみた。


奴らは見られている事 知らないだろうな。

バチバチ撮れる
撮った画像もスマホ(i-podだが)の転送できる。
こりゃ便利!

と思ったのもつかの間 
別にこんな機能 無くても十分間に合う。

長時間デジカメの電源を入れておくと
本体の温度が上がるし、画像をi-podに入れてから
PCに転送させるなら直接コードで繋げば済む。
カメラ本来の撮るという機能が一番重要だ。

家人からは「雀用のデジカメ?」と言われるし、
カメラ本体の重量も重く、また落としそう。



一月浜頓別町スタートの今年の運動も、
600kmを超え ついにえりも岬近くまで達した。
今年度目標の北海道脱出も十分可能だろう。



このブログの書き換えも4ヶ月振り 
なのにアクセス数がそれなりにある事は不思議だ。






author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 23:38
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
流氷を見てきました
昨年は2月初めに開始した運動を
今年はようやく2/27スタートした。

1月 31日中20日 通算41.5時間
2月 28日中24日 通算36.5時間
合計で44日78時間 一日何度も汗をかきながら
雪かき・雪片付けをしたので体力は万全と挑んだ初日
たった1時間だったがバテバテ なんでやねん!
使っている筋肉が違うようだ。

今年の運動の目標は、北海道から脱出の苫小牧まで。
雪かき1時間を4kmと想定して
稚内の南のオホーツク海に面した浜頓別町スタート
途中 カーリングで有名な北見市常呂町付近で
流氷を見ながら(妄想です)
2か月で312km 根室海峡を挟んだ
国後島が見える標津(しべつ)町まで達した。



去年よりも早いスタートという事もあり
これなら今年は北海道 脱出出来そうだ。

そしてこの曲が、船山徹作曲とは知らなかった。
author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 22:33
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
雪の総括と思ったら・・・
「私の分 残しておいてね春の楽しみ 氷割り」

今年は大雪というが米沢の積雪量を調べると
最大積雪量は2/13の135cm(2/22現在116cm)
過去データでみると
2015年 2/1 166cm
2013年2/25 172cm
2006年2/11 152cm
2001年2/12 140cm
1984年2/9  177cm
1981年2/11  184cm
1980年2/22 188cm
決して何十年ぶりの大雪ではない。
(近年 米沢よりわが町の雪の量は多いようだが)

それでも最強のスノーダンプ(黄色)が
普段ならアーム部分が折れてしまうのだが
今年は底がすり減って抜けてしまった これは初めて。



ここ何日か朝 目覚めた時の陽は明るく
今まで除雪車の音で目覚めた時と雲泥の差
こうなれば雪かきではなく氷割り



平型スコップを同じ箇所に振り落とす。
氷の下に水が浸透していると
5回位で気持ち良く割る。
しかし今年は時期が早いためか氷はしぶとい
20回も振り落とすと息も切れる。
それでも断捨離と同じで無くなると気持ち良い。
ようやく冬とおさらば出来そうだ。

と思っていたら夜 また雪が降ってきた。
冬にさよならするためには仕方ないな。




author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 21:22
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP