RSS | ATOM | SEARCH
時が経つにつれて・・・
学生時代 代表曲と言われた”My Funny Valentine ”を聞き
なんでトランペッターが歌を歌うのや?
しかも女みたいな声で???

それ以来 一回も聞く事のなかったチェット・ベイカー
テープにダビングした2枚組のアルバムだけは手元にある。

読まれる事なく本棚を汚し続けた30年
寺島 靖国著の”辛口JAZZノート”

いわゆる解説書とは違い
ジャズ喫茶のオヤジとしての
ジャズ感を書いたもの。
初めて紐解いてみた
このブログのタイトル”Topsy”の
元となったチコ・ハミルトンが
沢山取り上げられている。

チェット・ベイカーを
非常に評価していた。
あのチェット・ベイカー??



早速たった一本しか持っていないテープを探し出し
もともと嫌いなボーカル 嫌嫌 聞いてみた。

ん〜〜〜〜 いける!

力まず つぶやくように歌いペットを吹く
こういう雰囲気の場 我が環境ではほとんどなかった。

ん〜〜〜 大人になったな〜〜〜 おいらも

まさに時の経つにつれて(As time goes by)だ!

As time goes by - Chet Baker



author:藤野 樹海, category:J君の音楽夜話, 10:23
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
ゴリラの演奏が見たくて・・・
部屋の片付けをしていたら、
棚の陰に落ちていたCD発見
95年に10周年を迎えた
マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルの記念盤だ。

フェスのLive盤だと思って購入したものだが、
出演者達の過去のアルバムから選んだものであり
実際に足を運んだわけではないが
興奮度では物足りさなさがある。

ドン・プーレン=ジョージ・アダムス・カルテットの
「Song From The Old Country」は
前年に録音されたものアルバムより
ステージで繰り広げられた演奏の方がはるかに良い。


左:ジョージ・アダムス  右:ドン・プーレン

このコーナーで書くのも3回目だが
今回は87年から89年までの3年分の映像が
あったので、また書き込んでみた。
ぜひ同じ曲だが、3つ見てもらいたい。

白熱した夏の汗のほとばしる演奏の87年


88年は
前年に亡くなった
ドラマーのダニー・リッチモンドに捧げるとして
歌詞がつけられミッシェル・ヘンドリックスの唄入り。

特に 大好きなベースのCameron Brownは
ドン・プーレンやドン・プーレンに負けてたまるかと
よりゴリラ顔を強めながらの演奏。

89年は、この曲が同フェスティバルの
イメージソングになった。

ドン・プーレンの演奏を終えた時の笑顔が素敵だ。

しかしそんな演奏も、もう見る事が出来ない。
彼は95年に亡くなっている。
ジョージ・アダムスも92年に亡くなっているから。


author:藤野 樹海, category:J君の音楽夜話, 21:29
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP
殺人現場の検証に出向く(?)
我々・鑑識班は、急遽 出向く事になった。

現場は、会津下郷町の公園内
何度も殺人事件の起きている川に迫った険しい断崖だが
天気が良く、指紋や体液・足跡採取は十分であろうと急ぐ。

駐車場から現場まで5分 急階段を降りると
目の前には悠々と流れる川 そして対岸には
浸食と風化を繰り返し見事な景観の断崖があった。
そこが殺人事件の現場だ。

対岸にはつり橋を渡って行かなければならない
見るからに揺れているではないか!
30人以上は同時に渡らないようにとの注意書きもある。
ダメ! この現場はパス!!!

場所は、塔のへつりと呼ばれる名所
へつりとは、会津弁で川に迫った険しい断崖のことで
ここは、TVのサスペンスで何度も殺人事件が起きている地。
出演者やTVクルーは、よくあのつり橋を渡ったものだ。
殺される前にもう意気消沈していただろう。
情けない事に橋を渡って対岸には行けなかった。



東京へ行く際 東北道は飽き飽きしていたので
西会津街道を通り日光から高速へ入るコースを選んでみた。

下郷町から南は走った事のない国道121号線
ちょっと不安があったが、道もよく走る車も少なく快適
まさに会津の殿様が参覲交代で江戸に出る際には
この街道を通ったのであろう。
山形と福島の県境の栗子峠より走りやすく景色も良い。



会津田島町 今では南会津町となったようだが
民主党の渡部恒三の顔が浮かび上がってきた。
「なるほど・なるほど これじゃ会津弁が直らないわ」

帰ってから調べてみると偶然にも
渡部恒三は、会津田島町出身 まさに男の顔は履歴書だ。

それにしても昔の政治家は、顔も出身地も思い浮かぶが
最近の政治家はほとんど出身地なんてわからない。
比例代表制という訳のわからない制度があるためでもあろう。

さてさてこの道は
新緑の季節だけでなく、紅葉の時はもっと綺麗だろう。
秋にもう一度来てみたい。


author:藤野 樹海, category:TOPSY TIMES本誌, 22:30
comments(0), trackbacks(0),↑PAGE TOP